差し押さえ通知が来たら1番にすること※焦らない方法

差し押さえ通知が来たら1番にすること※焦らない方法

差し押さえ通知が来たら1番にすること※失敗しない弁護士選びのポイント

借金のカタに家財道具を差し押さえられる、というシーンは昔のドラマにはよくありましたが、現実の世界で差し押さえられるのはもっぱら銀行口座か会社の給料です。こうなる直前には差し押さえ通知が届くのですが、これが届く時点で既に状況はかなり悪いと言わざるを得ません。この期に及ぶと、とれる対策も限られたものになってきます。
借金の延滞が続くと催促の通知や電話が来ますが、それを無視していると銀行や消費者金融はいよいよ差し押さえに動き始めます。裁判所に訴えを起こし、差し押さえを認めてもらって差し押さえに移るのです。差し押さえ通知が来るということは既に裁判所の許可は下りているということです。そうなると銀行や消費者金融は一定期間後に好きなタイミングで銀行口座のお金や給料を差し押さえることができます。
差し押さえを止める、もしくは解除できるのは差し押さえをする本人、すなわち金融機関や消費者金融のみです。こちらからそれを止めることができる訴えの手段はほとんど残されてはいません。そこで差し押さえを止めるには債権者にアプローチして差し押さえをストップしてもらうしかないのです。この場合、もっとも有効な手段は弁護士に依頼するということです。素人が金融機関に直接掛け合っても有利な結果を引き出せるとは考えにくく、時には門前払いを食うこともあるでしょう。専門家の弁護士を代理に立てて、返済の交渉をして差し押さえを止めてもらうのがベストな方法です。

~借金解決のために~

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!

法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。


⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-501-605

■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

>>2位以降のランキングはこちら