個人再生のメリット・デメリット※無理のない返済のために

個人再生のメリット・デメリット※無理のない返済のために

個人再生のメリット・デメリット※失敗しない弁護士選びのポイント

個人再生のデメリットについて
個人再生は裁判所に提出した再生計画が認可されると、
大幅に借金が減額されて、原則3年で特別な事情がある場合は5年で分割返済ができる債務整理のうちの一つです。
自己破産とは違い、マイホームを差し押さえられることはありません。
その代わりに住宅ローンは今までどおり返済していくことが条件です。
住宅ローン以外の借金さえ大幅に減額されればなんとかなるという場合に最適です。
任意整理では利息制限法にのっとって再計算し、
債務を確定させた後に将来利息のカットと3年での分割返済ができるよう、債権者と交渉を行う手続きです。
任意整理も個人再生も基本的に3年での分割返済を続けられるだけの、継続して安定した収入がないと利用できません。
個人再生では5000万円を超える借金については利用ができません。
自己破産では借金の総額や収入にかかわらずに支払い能力がない方が利用できます。
個人再生は自己破産同様に、官報という国が発行する機関紙に住所氏名が載ってしまいます。
個人再生も自己破産も保証人がある借金については保証人に請求が行ってしまいます。
任意整理では保証人がある借金を除いて手続きすることができます。
自己破産も個人再生も任意整理も、ブラックリストに載り、何年かは新規借り入れができなくなります。

個人再生メリット
借金の返済に困っているけれど、自己破産はしたいないという場合、任意整理か個人再生という債務整理を選択するのが一般的です。
任意整理・個人再生ともに自己破産のように、それまでの借金がゼロになるという事はありません。
ですが、自己破産のように土地や家などを差し押さえられる事は無い為、リスクの低い債務整理と言えるでしょう。

任意整理と個人再生、どちらも同じような債務整理の方法と思ってしまいがすが、実は大きな違いがあるのです。
個人再生の場合、借金を減らせる額は住宅ローンを除いた、借金総額の1/5(最低100万円以上)となっています。
ですので個人再生を行えば、大幅に借金を減らす事ができるのです。
通常、個人再生の場合、3年をかけて支払っていきます。

一方、任意整理の場合、利息制限法に基づいて引き直し計算をするのですが、法定利息で貸し付けられていた場合、
あまり借金の額を減らす事ができないのです。
特に銀行のカードは、法定金利で貸し付けられていますし、利息も低いので任意整理を行っても、それほど効果は無いと言われています。

自己破産は避けたいけれど、借金の支払額を確実に減らしたいという場合は、個人再生の方が向いていると言えるでしょう。

~借金解決のために~

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!

法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。


⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

>>2位以降のランキングはこちら