自己破産のメリット・デメリット※失敗しない方法とは?

自己破産のメリット・デメリット※失敗しない方法とは?

自己破産のメリット・デメリット※失敗しない弁護士選びのポイント

自己破産のデメリット
自己破産は、今まで抱えていた膨大な借金を全て丸々無くす事ができる最大の利点がありますが、それと引き換えにペナルティーが多い事も承知しておく必要があります。
特に自己破産するデメリットとして、今まで居住してきた住宅は換価財産として手放す義務が生じるだけに、重要な生活基盤を失うリスクがあります。
また、借金契約の際に連帯保証人を立てている場合は、破産者の残債務の支払義務が保証人に移行します。
自己破産は一見、無事に免責を得れれば借金全てを返済する責任を負わなくても良いと楽観視する人が多いですが、実は保証人に破産者の債務全てを支払う権利が移るだけなのです。
ですから自己破産する前は、最大限に保証人の事情も考慮し、自らの力で返済できるその他の債務整理の手段も検討する事がお勧めです。
次にデメリットとして大きいのは、個人信用情報機関と官報に破産記録が約7年~10年にわたり掲載される点です。
特にブラックリストと言われる信用情報機関に事故情報が一旦載ると、まず銀行やクレジットカード会社では、これ以上の借金はできないと示唆していると思ってください。
特に自己破産は、借金全てが帳消しになるという優遇さがある反面、ブラックリストへの掲載期間が任意整理や個人再生で債務整理を行うよりも少し長めの期間に設定されているようです。
そして自己破産した場合、すぐにでも働いて生活再建を図りたいという人も多いですが、破産手続きをして免責が決定するまでは、就く職業に関して一定の資格制限があります。
特に弁護士や外交保険員、警備員を職業としている人は、この期間は職に就けない不便さも生じますので、最低限の生活資金は確保しておくべきです。
自己破産に付きまとうデメリットはメリットの数と比較しても多いので、破産手続きする前は、くれぐれも自分の事だけでなく周りの事も考慮して最善の方法を決定しましょう。


自己破産のメリット
自己破産と聞くと悪いイメージを持つと思います。避けるに越したことがないのは確かですが、別に周りが
思っている程の悪い事ではありません。最近では自己破産をもう一歩進めたものも出て来ています。
自己破産のメリットはなんでしょうか。って聞くまでもないですよね。自分が背負った借金がほぼ全部
無くなるのが最大のメリットです。借金で生活も出来なくなってしまった人は、恩赦を大きく受けること
が出来るでしょう。その他にも精神的重圧から離れられると言う部分も大きいです。精神が不安定だと、
借金をどうするかも冷静に考えられませんから、自己破産しなくてもそれを選択肢に入れるだけで楽に
なる、という話もあります。

自己破産には何かデメリットがあるという風に考える人もいますが、デメリットが無いのがメリットの
一つでもあります。やるのが面倒とか、社会的風評などはあるかも知れませんが、公的なものはほぼ無い
と言って良いと思います。

安易に選ぶのはお勧め出来ませんが、どうにもならなければちゃんと選択肢に入れましょう。裁判所が
認定するものですから、出来るのであれば保障されたようなものですから安心して下さい。デメリット
と呼べるものもありますが、一般に言われているようなイメージの制度ではありませんから、しっかりと
見極めると良いと思いますね。

~借金解決のために~

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!

法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。


⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

>>2位以降のランキングはこちら