債務整理費用の平均はいくら?※費用相場をシミュレーション!

債務整理費用の平均はいくら?※費用相場をシミュレーション!

債務整理の費用が心配なあなたへ|相場平均は大体このくらい

債務整理を検討中の方にとってどうしても気になるのが、債務整理の費用についてですよね。
債務整理の費用は種類や状況によって大きく変動します。

 

債務整理をする前に
  • 債務整理の費用はいくら?
  • わたしの借金をいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法は?

まずは借入件数借入額を入力してシミュレーションしてみましょう。

 

債務整理シュミレーター

 

そもそも債務整理とは?

債務整理とは個人の債務を整理するための手続きの総称で、債務の返済が困難となった方が、その重い負担を計画的に解消するための方法です。具体的な方法として、特定調停・過払い金請求・任意整理・個人再生・自己破産があり、それぞれに特徴とメリット・デメリットがあります。

債務整理の相場はいくらか


債務整理を依頼するには、専門家に対する費用として:、着手金と成功報酬が必要です。
着手金は債務整理の方法、借入金総額、難易度などによって決まり、成功報酬は借入金総額や債務免除・過払い金の返還金額などによって、経済的利益の一定割合もしくは定額での支払いとなります。

例:債務整理費用の実例

借入件数:3社
借入総額:150万円
減額できた借金:50万円(150万→100万円に減額)
債務整理の費用:20万円くらい

 

司法書士と弁護士との違いと費用について

債務整理を依頼するにあたり法的手続きを伴う場合には、本来は弁護士のみが受任することができます。ただし、最近では一定額(訴額140万円)以下の内容であれば司法書士でも受任することが可能です。同様の事件であれば、一般的に司法書士に依頼した方が割安になりますが、司法書士では出来ない行為もあるため、注意が必要です。

 

債務整理には5パターンの方法があります!

債務整理と言っても、どの方法を選ぶかによって中身がかなり違ってきます。
当然ながら、選んだ債務整理によって費用の相場も変わります。

 

だからこそ、自分に合ったものを選ぶことが早期解決のカギになるのです。

任意再生
個人再生
自己破産
過払い金
特定調停

 

⇒自分に合った債務整理を調べる

 

気になるそれぞれの債務整理費用の相場は?!

債務整理の用語解説

着手金:弁護士に依頼をした際に、はじめに支払う費用
成功報酬:依頼内容が実現した場合に支払う費用

 

任意整理の費用相場

任意整理とは、弁護士等に依頼し、裁判所を介さないで、債務整理の交渉を債権者を行う方法です。
裁判所を介さないため手続きが柔軟に行える一方で、強制力がないため、相手との交渉次第で債務整理の内容が変わります。
任意整理は主に借金利息の支払いをカットします。
基本的には、借金の元金には手をつけないことが多いので、ちょっとした債務整理です。

 

弁護士に対する着手金+成功報酬が必要となり、着手金は1社につき3万円前後、成功報酬は10万円程度が相場です。

【任意整理の相場】
着手金の相場:1社につき3万円前後
成功報酬の相場:10万円前後

 

⇒任意整理の費用をチェック

 

メリット デメリット

・裁判所を通さないため、手続きがしやすい
・官報の掲載がないため、第三者に知られる心配がない

・減額できる額が少ない
・交渉が大変、まれに手続きできない場合も

 

個人再生の費用相場

個人再生とは、借金の返済ができなくなった人が、全債権者に対して、返済額を少なくした上で原則3年で返済する計画を立て、その完遂時には残債を免除してもらう法的手続きです。
借金の元金を大幅にカットすることができます。
住宅ローンの特則もあり、住宅を維持したままでの債務整理も可能となります。

 

費用は着手金・基本報酬・成功報酬に分かれ、弁護士に依頼する場合総額で40万円~80万円程度は必要となり、実際の必要額は債務金額などによって異なります。

 

【個人再生の相場】40~80万円
着手金の相場:40万円前後
成功報酬の相場:減額された金額の10~20%

 

⇒個人再生の費用をチェック

 

メリット デメリット

・大幅に借金を減額できる
・住宅や車などの財産を手放さなくて良い場合も

・他の債務整理よりも手続きが複雑

 

自己破産の費用相場

自己破産とは、支払不能に陥った人の債務を、財産をすべて換金し、債権者に公平に分配することで整理する手続きです。
破産手続が終結すると債務を免除(免責)されますが、債務の内容によっては免責されないこともあります。
法的手続きの中では一番厳格で、債権者の同意がなくても実施できる代わりに、居住制限や特定の職種につけない等のデメリットもあります。
しかしその後の返済も支払いも0円で済むので、精神的にとってもラクになります

 

費用は着手金および成功報酬があり、概ね40万円~60万円が必要となります。

【自己破産の相場】40~60万円
着手金の相場:40~60万円前後
成功報酬の相場:0円

 

    裁判所費用:
  • 予納金 10,290円
  • 印紙費用 1,500円
  • 切手費用 4,000円

※裁判所によって違います。

 

⇒自己破産の費用をチェック

 

過払い金の費用相場

過払い金請求とは、サラ金などのグレーゾーン金利で貸し出していた金融会社に対して、利息の引き直し請求をすることで、債務額の免除ないしは返金を請求する方法です。
借金も無くなり、更にお金も返ってきますが、その業者とは次から取引が出来なくなります。

 

費用として、着手金の支払と成功報酬として経済的利益の20%程度の支払いが必要です。着手金は1社あたり2-3万円程度ですが、最近は着手金無料で受任する専門家もいます。

【費用の相場】20~40万
着手金の相場:20万円前後
成功報酬の相場:40万円前後

 

⇒過払い金の有無をチェック

 

特定調停の費用相場

特定調停とは、債務の返済ができなくなるおそれのある債務者が、金銭債務に係る利害関係を調整を行う手続きのことを言います。

 

個人でやる場合、業者1社あたり500円程度と安価でできるのが特徴ですが、弁護士や司法書士等の専門家に依頼すると、10~30万円程度は必要となります。

【費用の相場】10~30万円

 

債務整理のデメリットとは

債務整理を行うことで、その手法によっては、一時的に権利が制限されたり、金融機関のブラックリストに掲載され、借入ができなくなることがあります。
また、債務整理には、多かれ少なかれ弁護士費用等の費用がかかるため、債務整理が成功しても、費用と債務のバランスが悪い場合には、債務整理しても全く楽にならないケースもあり得ます。
債務整理を検討中の方はどの方法なら、自分の借金問題を解決できるのかを考えながら比較するといいでしょう。

 

配偶者や家族の借金の債務整理について

債務整理を行うには、本人の同意が必要となるため、本人が同意・協力してくれることが前提であれば、弁護士等の代理人を立てることで債務整理が可能となります。
本人の同意が得られない場合は、債務整理を行うことはできませんが、自らが家族等の債務の保証人である場合には、利害関係人として弁済することが可能であり、そのことを利用して債務整理できる可能性もあります。

 

債務整理後クレジットカードは作れるのか

債務整理を行った場合、クレジットカードの作成が難しくなります。
これは、クレジットカードを作成する際に、銀行・信販・貸金業界の運営している各個人信用情報登録機関の情報を活用して審査を行っているためです。
そのため、債務整理を行った事実が官報に載る個人再生・自己破産の場合は、官報の情報掲載期限である10年を過ぎるまでは、クレジットカードの作成は困難と思われます。
また、特定調停・任意整理の場合には、取引情報の掲載期限である5年を過ぎるまでは、同様に困難と思われます。

 

債務整理のやり方

一般的な債務整理の手順は以下の通りです。

  1. 専門家(弁護士・司法書士)に相談し、債権者に受任通知を発送する。(この時点から、債権者の返済交渉相手は受任通知を送った専門家になる)
  2. 債務の内容を整理し、過払い金がある場合には、引き直し計算をする。
  3. 財産・債務・収入などの観点から、債務整理の方針を立て、どのような方法を行うか検討する
  4. 債務整理の方針に基づき、債務整理の手続きを実行する
  5. 実行した内容に基づいて、返済を行う

 

弁護士を選ぶ時のポイント!

信頼できる弁護士の選び方

無料相談ができる

弁護士が自分に合っているか合っていないかは話してみないとわからないこと。
ですので無料相談が可能なところまずはお話しを聞いてみましょう。

債務整理に強い

事務所によっても得意不得意な分野があります。
弁護士選びを間違えると債務整理に失敗するなんていうケースも…。
なので依頼する弁護士は借金問題に強く、実績がある弁護士を選びましょう。

柔軟な対応
  • 分割払い・後払いOK
  • 24時間365日いつでも相談OK
  • 遠方の方も安心♪無料電話相談・無料メール相談OK

 

↓以上の条件を満たしている弁護士はこちら↓

弁護士法人サルート

無料相談お申込み数NO.1

  • 依頼するまで何度でも無料相談OK
  • 手持ちがなくてもOK!分割・後払い可能
  • 365日24時間受付



■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談>
・他事務所にご相談中の方