債務整理費用の平均はいくら?※シミュレーションで借金減額チェック!

債務整理費用の平均はいくら?※シミュレーションで借金減額チェック!

債務整理の費用が心配なあなたへ|相場平均は大体このくらい

債務整理を検討中の方にとってどうしても気になるのが、債務整理の費用についてですよね。
債務整理の費用は一般的に10万円~100万円と言われています。
しかし債務整理の費用は種類や状況によって大きく変動します。

 

債務整理をする前に
  • 債務整理の費用はいくら?
  • わたしの借金をいくら減額できる?
  • 過払い金請求はできる?
  • 最適な債務整理の方法は?

まずは借入件数借入額を入力してシミュレーションしてみましょう。

 

債務整理シュミレーター

債務整理の費用はあなたの借入状況によって大きく違ってきます。
借金解決診断シミュレーターなら借入件数借入額を入力するだけで、あなたの借入状況に合ったアドバイスや弁護士紹介をしてくれます。
無料かつ匿名で診断できるのでお気軽に試してみてください。

借金解決診断シミュレーターはこちらから

 

そもそも債務整理とは?

債務整理とは個人の債務を整理するための手続きの総称で、債務の返済が困難となった方が、その重い負担を計画的に解消するための方法です。
具体的な方法として、特定調停過払い金請求任意整理個人再生自己破産があり、それぞれに特徴とメリット・デメリットがあります。

債務整理費用の内訳


債務整理を依頼するには、専門家に対する費用として、着手金成功報酬が必要です。

 

着手金は債務整理の方法、借入金総額、難易度などによって決まります。

 

成功報酬は借入金総額や債務免除・過払い金の返還金額などによって、経済的利益の一定割合もしくは定額での支払いとなります。

 

例:任意整理費用の実例

借入件数:3社
借入総額:150万円
減額できた借金:50万円(150万→100万円に減額)
債務整理の費用:20万円くらい

 

司法書士と弁護士との違いと費用について

債務整理を依頼するにあたり法的手続きを伴う場合には、本来は弁護士のみが受任することができます。

 

ただし、最近では一定額(訴額140万円)以下の内容であれば司法書士でも受任することが可能です。

 

同様の事件であれば、一般的に司法書士に依頼した方が割安になりますが、司法書士では出来ない行為もあるため、注意が必要です。

債務整理のコツ:安い!信頼出来る!弁護士事務所の選び方~無料弁護士相談とは?~

 

債務整理には5パターンの方法があります!

債務整理と言っても、どの方法を選ぶかによって中身がかなり違ってきます。
当然ながら、選んだ債務整理によって費用の相場も変わります。

 

だからこそ、自分に合ったものを選ぶことが早期解決のカギになるのです。

任意再生

裁判所を通さず債権者と交渉し、将来利息を免除してもらう方法

 

個人再生

裁判所を通して債権者と交渉し、借金を減額してもらう方法

 

自己破産

裁判所を通して債権者と交渉し、借金を免除してもらう方法

 

過払い金返還請求

法定利息を超えて支払ってしまったお金を返還してもらう方法

 

特定調停

裁判所を通して債権者と交渉し、将来利息を免除してもらう方法

 

⇒自分に合った債務整理を診断する

 

気になるそれぞれの債務整理費用の相場は?!

 

任意整理の費用相場

任意整理とは、弁護士等に依頼し、裁判所を介さないで、債務整理の交渉を債権者を行う方法です。

 

裁判所を介さないため手続きが柔軟に行える一方で、強制力がないため、相手との交渉次第で債務整理の内容が変わります。

 

任意整理は主に借金利息の支払いをカットします。
基本的には、借金の元金には手をつけないことが多いので、ちょっとした債務整理です。

 

借金の利子が多くて完済できる目途が立たないという人におすすめの債務整理です。

 

弁護士に対する着手金+成功報酬が必要となり、着手金は1社につき3万円前後、成功報酬は10万円程度が相場です。

【任意整理の相場】
着手金の相場:1社につき3万円前後
成功報酬の相場:10万円前後

 

⇒任意整理の具体的な費用をシミュレート

 

メリット デメリット

・裁判所を通さないため、手続きがしやすい
・官報の掲載がないため、第三者に知られる心配がない

・減額できる額が少ない
・交渉が大変、まれに手続きできない場合も

 

個人再生の費用相場

個人再生とは、借金の返済ができなくなった人が、全債権者に対して、返済額を少なくした上で原則3年で返済する計画を立て、その完遂時には残債を免除してもらう法的手続きです。
借金の元金を大幅にカットすることができます。

 

住宅ローンの特則もあり、住宅を維持したままでの債務整理も可能となります。

 

収入はあるけれども現在の借金を返すことが難しい人におすすめの債務整理です。

 

費用は着手金・基本報酬・成功報酬に分かれ、弁護士に依頼する場合総額で40万円~80万円程度は必要となり、実際の必要額は債務金額などによって異なります。

 

【個人再生の相場】40~80万円
着手金の相場:40万円前後
成功報酬の相場:減額された金額の10~20%

 

⇒個人再生の具体的な費用をシミュレート

 

メリット デメリット

・大幅に借金を減額できる
・住宅や車などの財産を手放さなくて良い場合も

・他の債務整理よりも手続きが複雑

 

自己破産の費用相場

自己破産とは、支払不能に陥った人の債務を、財産をすべて換金し、債権者に公平に分配することで整理する手続きです。

 

破産手続が終結すると債務を免除(免責)されますが、債務の内容によっては免責されないこともあります。

 

法的手続きの中では一番厳格で、債権者の同意がなくても実施できる代わりに、居住制限や特定の職種につけない等のデメリットもあります。

 

しかしその後の返済も支払いも0円で済むので、精神的にとってもラクになります

 

借金の金額がとても返済しきれないという人におすすめの債務整理です。

 

費用は着手金および成功報酬があり、概ね40万円~60万円が必要となります。

【自己破産の相場】40~60万円
着手金の相場:40~60万円前後
成功報酬の相場:0円

 

    裁判所費用:
  • 予納金 10,290円
  • 印紙費用 1,500円
  • 切手費用 4,000円

※裁判所によって違います。

 

⇒自己破産の具体的な費用をシミュレート

 

過払い金の費用相場

過払い金請求とは、サラ金などのグレーゾーン金利で貸し出していた金融会社に対して、利息の引き直し請求をすることで、債務額の免除ないしは返金を請求する方法です。

 

借金も無くなり、更にお金も返ってきますが、その業者とは次から取引が出来なくなります。

 

費用として、着手金の支払と成功報酬として経済的利益の20%程度の支払いが必要です。着手金は1社あたり2-3万円程度ですが、最近は着手金無料で受任する専門家もいます。

【費用の相場】20~40万
着手金の相場:20万円前後
成功報酬の相場:40万円前後

 

⇒過払い金の有無をチェック

 

特定調停の費用相場

特定調停とは、債務の返済ができなくなるおそれのある債務者が、金銭債務に係る利害関係を調整を行う手続きのことを言います。

 

個人でやる場合、業者1社あたり500円程度と安価でできるのが特徴ですが、弁護士や司法書士等の専門家に依頼すると、10~30万円程度は必要となります。

【費用の相場】10~30万円

 

依頼料について

依頼
債務整理を行う場合、依頼先として弁護士、司法書士の二つが存在します。
この二つは似ているようで実は行える役割や費用が違うので自身に合っているのはどっちか見てみましょう。

 

弁護士

弁護士は本人の「代理人」として自己破産・個人再生申立やなどのほとんどの手続きを本人の代わりに代行することができます。
また裁判所で裁判官と行う審議でも弁護士は同席してくれて心強い存在となります。

 

そのため債務整理にあまり手間をかけたくない人や詳しくない人にとってはマッチした依頼先となります。

 

一方、弁護士は司法書士に比べると引き受ける業務量が多い分、依頼料は司法書士よりも高めです。

⇒弁護士への無料相談はこちら

 

司法書士

司法書士は債務整理問題に関して基本的に「書類作成代理人」として書類作成をメインにしています。
そのため申立自体は本人が行わなくてはならず、裁判所での審議では司法書士は同席できません。

 

ただし、任意整理の場合、個人再生や自己破産と違い、債務額が1社あたり140万円以内ならば「代理人」としてはたらくことができます。

 

また司法書士は弁護士に比べると依頼料は安くつくことが多いです。

 

司法書士は費用をあまりかけたくない人や、債務額が少なめの人の場合は司法書士がいいかもしれません。

⇒司法書士への無料相談はこちら

 

弁護士事務所・司法書士事務所の便利なサービス

債務整理の依頼は一回数十万円もかかり、戸惑ってしまうことが多々あります。
借金問題に悩んでいる人ならば、その金額は決して小さいものではありません。

 

しかし近年は債務整理に特化した事務所が増えてきており、借金問題に苦しむ方のためのサービスを提供するところも出てきています。

 

たとえば着手金の後払い・分割払い対応。
着手金は依頼をする前に払うお金ですが、自己破産ならそれだけで数十万円かかることがあります。

 

なかなか用意するのも難しい金額ですが、後払い・分割払い対応してくれる事務所ならば、無理せず債務整理の依頼を出すことができます。

 

また相談が無料というサービスも嬉しいものです。
債務整理成功の是非は専門家の腕にかかっています。

 

そのため安心できる専門家に頼らなければならなくなりますが、普通は話をするだけでもお金はかかります。
しかし相談料無料のところならば、気楽にどの専門家に頼むかの見極めができます。

 

借金問題で悩んでいる人に向けたサービスがある事務所は基本的に債務整理の実績が高いところなので、値段はもちろん、そういったところも注目して事務所選びをするといいでしょう。

着手金後払い・分割払いかつ無料相談ができる弁護士事務所

 

弁護士を選ぶ時のポイント!

信頼できる弁護士の選び方

ポイント

無料相談ができる

弁護士が自分に合っているか合っていないかは話してみないとわからないこと。
ですので無料相談が可能なところまずはお話しを聞いてみましょう。

債務整理に強い

事務所によっても得意不得意な分野があります。
弁護士選びを間違えると債務整理に失敗するなんていうケースも…。
なので依頼する弁護士は借金問題に強く、実績がある弁護士を選びましょう。

柔軟な対応
  • 分割払い・後払いOK
  • 24時間365日いつでも相談OK
  • 遠方の方も安心♪無料電話相談・無料メール相談OK

 

↓以上の条件を満たしている弁護士はこちら↓

弁護士法人サルート

無料相談お申込み数NO.1

  • 依頼するまで何度でも無料相談OK
  • 手持ちがなくてもOK!分割・後払い可能
  • 365日24時間受付



■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談>
・他事務所にご相談中の方

 

はじめて相談する際に、準備するものはありますか?

なにか法的なトラブル(事件)について相談するのですから、弁護士にはトラブル(事件)のあらましを説明することになります。

 

そのとき、事件の経過を要領よく説明できると、弁護士も容易にトラブル(事件)を理解でき、法的な解決法を導きやすくなります。

 

そこで、トラブル(事件)のあらましを説明するのに経過をまとめておくことをおすすめします。

 

自身の債務整理費用を診断!借金解決診断シミュレーター


債務整理にかかる費用は大体の相場というものはありますが、人によって大きく変わります。

 

というのも例えば借入額100万円と借入額1000万円とではかかる期間も変わりますし、債務整理の方法も違ってきます。
また借入先の件数といった要因やどんな理由で借金したのかによっても状況は変わってしまいます。

 

そんな人によって異なる債務整理の費用ですが、こちらの借金解決診断シミュレーターを使えば気になる費用を知ることができます。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

このシミュレーターは株式会社HIOROKENが運営するサービスであり、借入状況を入力することであなたに合った債務整理に関する相談を弁提携先の護士とすることができます。
そこでは自身の債務整理費用についてはもちろん、自分に合った債務整理手段や過払い金、どのくらい借金を減額できるのかなどの相談もできます。

 

こちらのサービスは無料かつ匿名で行うことができるので、少しでも気になった方は利用してみてください。

⇒シミュレーターを利用してみる

デメリット 債務整理を行うことで、その手法によっては、一時的に権利が制限されたり、金融機関のブラックリストに掲載され、借入ができなくなることがあります。 また、債務整理には、多かれ少なかれ弁護士費用等の費用がかかるため、債務整理が成功しても、費用と債務のバランスが悪い場合には、債務整理しても全く楽にならないケースもあり得ます。 債務整理を検討中の方はどの方法なら、自分の借金問題を解決できるのかを考えながら比較するといいでしょう。
配偶者や家族の借金の債務整理について
債務整理を行うには、本人の同意が必要となるため、本人が同意・協力してくれることが前提であれば、弁護士等の代理人を立てることで債務整理が可能となります。 本人の同意が得られない場合は、債務整理を行うことはできませんが、自らが家族等の債務の保証人である場合には、利害関係人として弁済することが可能であり、そのことを利用して債務整理できる可能性もあります。
債務整理後クレジットカードは作れるのか
債務整理を行った場合、クレジットカードの作成が難しくなります。 これは、クレジットカードを作成する際に、銀行・信販・貸金業界の運営している各個人信用情報登録機関の情報を活用して審査を行っているためです。 そのため、債務整理を行った事実が官報に載る個人再生・自己破産の場合は、官報の情報掲載期限である10年を過ぎるまでは、クレジットカードの作成は困難と思われます。 また、特定調停・任意整理の場合には、取引情報の掲載期限である5年を過ぎるまでは、同様に困難と思われます。
やり方 一般的な債務整理の手順は以下の通りです。
  1. 専門家(弁護士・司法書士)に相談し、債権者に受任通知を発送する。(この時点から、債権者の返済交渉相手は受任通知を送った専門家になる)
  2. 債務の内容を整理し、過払い金がある場合には、引き直し計算をする。
  3. 財産・債務・収入などの観点から、債務整理の方針を立て、どのような方法を行うか検討する
  4. 債務整理の方針に基づき、債務整理の手続きを実行する
  5. 実行した内容に基づいて、返済を行う

⇒債務整理するならこちら

ローン 最近よく街中広告などで見かけるおまとめローン。 これはいくつもの業者から借金をしている人向けのローンのことで、複数ある借金を一つに一本化させることで金利と毎月の返済の負担を低くしてくれます。 このおまとめローンによって月あたりの借金返済額が減り、生活が楽になったという声も少なくはありません。 しかし一方で、このおまとめローンにはデメリットもあります。 それは借金額そのものは減るどころかむしろ増えてしまうことです。 というのもおまとめローンは複数の借金をまとめて月々の返済額を減らします。 月々の返済が減るということは返済期間が延びることを意味し、その分支払う利息も多くなります。 つまり短い目で見ればお得そうですが、実は借金を将来に回しているだけということです。 またおまとめローンですと前述したとおり、返済期間が延びます。 そのため利用者には継続して債務を支払う能力が求められるため、審査は通常よりも厳しくなりがちです。 ですので収入が安定していなかったりした場合、おまとめローンはあまり現実的ではありません。 おまとめローンは月々の返済支払いが楽になるものではありますが、借金そのものを減らすものではありません。 借金を支払うことができる人は大丈夫ですが、借金を減額・免責しないと厳しいという方はおまとめローンより、債務整理をして解決させた方がいいでしょう。

債務整理に強い弁護士はこちら